脈アリの最終チェックは脚を見ろ


以前、「合コンで自分に気が”ある”のか”ない”のかを見分けるしぐさ」という記事で見込みがない女性のしぐさを紹介した。合コンで見込みのない女性を早々にパスし、あなたは感じが良くて、フィーリングの合う女の子との会話が弾んだ。コレはいけるかも?手応えも上々だ。と思っていたら、友人が会話に割り込んできた。3人で話しているうちに合コンはお開きに。

飲み会や合コンでよくあるシュチュエーションだ。彼女は自分に気があるのか、それとも友人か、もしくは脈アリの手応えはあるんだけど、イマイチ、確信が持てないときなど、彼女の興味が自分にあるのか確かめたい時、注目すべき仕草がある。

それは脚だ。

飲み会や合コンがお開きになると、大抵、店の外で立ち話する時間ができる。気になる彼女と立ち話をしているとき、脚を確認しよう。

まず、彼女が脚を交差して立ち話をしていたら、残念ながら、あなたの脈アリという手応えは勘違いだ。交差した脚は性器を守りたい気持ちの象徴であり、相手は気持ちを許しておらず、防御姿勢をとっている。更に腕組みをしていた場合、その気持ちはより強固だ。残念だが、次の合コンに期待しよう。

次に足の向き、特に片足のつま先の向きに注目しよう。人は興味を惹かれる対象に自然と片足が向く。それは対象ともっと距離を縮めたい、近づきたい気持ちの現われだ。反対に相手に興味がなかったり、おもしろくない話題が続いていたりすると大抵、足が別の方向を向いている。

複数人で立ち話をしている時はターゲットとなる相手の足の向きや身体の向きが誰に向いているのか、二人で立ち話をしているとき、足や身体はどこを向いているのか、注意して確認しよう。もし、彼女のつま先があなたに向いていれば、あなたの脈アリという手応えは確信に変わる。

彼女の興味はあなただ。すぐに電話番号を聞き、デートに誘おう。

合コンで自分に気が”ある”のか”ない”のかを見分けるしぐさ
座り方でわかる相手の気分
狙った男を落とす3つの「目」の使い方