ゲットしたければココに座れ -座る位置で変わる合コン成功率-


合コンやデードで意中の女性や男性と話はそこそこ盛り上がるのだけれど、イマイチ、親密になれない。そんな経験はないだろうか?盛り上がっているようでも、なんだか最後まで相手は他人行儀。空回り感がわかっていてもそのまま、タイムオーバー。

そういう人は座る位置を変えてみれば、うまくいくかもしれない。

合コンでいくら盛り上げても、デートを何度しても狙った彼女、彼氏と深い関係になれないあなたは、もしかして、いつもテーブルを挟んで相手と向き合って座っているのではないだろうか?

人は向きあって座ると、視線が合う頻度が高くなるため、緊張感が高まってなかなか打ち溶けにくい。しかも相手との間にテーブルがあるので、相手との距離がどうしても遠くなってしまう。

通常、人はパーソナル・スペースという
他人に近付かれると不快に感じる空間を持っていて、親密な相手以外の人がその領域を超えて立ち入ってこられると落ち着かない。しかし、このパーソナル・スペースをあえて超えて相手との距離を縮めることで心理的距離も縮まることがある。

ではどうやって、パーソナル・スペースを超えて相手との距離を縮めるか?

相手の横に座れば良い。

横に座れば相手との物理的距離が縮まる上、正面で向きあって座るより視線を合わす頻度も減り、変なプレッシャーを与えずにすむので、相手と親密になるチャンスが抜群に増える。

座る位置の中でも、一番良いポジションはコーナー席に90度の角度で座るポジションで、この角度は視線を合わせても外しても気にならず、自然にお互いのパーソナルスペースに入っていける。これは「カウンセリングポジション」と呼ばれるほど、相談ごとをするのにベストな位置なのだ。

合コンではこのしぐさを見逃すな~女性が発する脈ありサイン~
合コンで自分に気が”ある”のか”ない”のかを見分けるしぐさ
狙った男を落とす3つの「目」の使い方