口説きテクニック 女性をデートでスマートに最後まで誘う方法


デートの次の難関

「デートは何回もしているのだけど、ホテルとなるとなかなか誘えない」

デートという最初の難関はクリアしたものの、その先にある最大の難関、ホテルには、いざとなると誘えない。その気持ちはわからなくもない。

「今日のデートは必ずキメてやろう」などと意気込んでいても、いざ、その時になると、「結局、ヤりたいだけ、なんて思われたらどうしよう」なんて余計な心配事ばかりが気になり、結局、彼女を家に送っただけで「さよなら」になってしまう。

はっきり言って、そんなグダグダを繰り返すのは時間のムダだ。「もしかしたら彼女から誘ってくるかも。。。」そんなマスコミの作った肉食系女子はどこかにはいるのかもしれないが、あなたの周りにはいない。

大体、女の子のほうから誘ってくるはずはないのだから、腹をくくって、あなたからホテルに誘うしかない。逆に何度もデートをしているのに誘ってこないような男は「意気地のないオトコ」と早々にレッテルを貼られて、捨てられるのがオチだ。

スマートにホテルに誘うには

デートを数回したなら、「断られて当然」というダメ元主義で誘わないと、「その気」でデートをしているかもしれない女の子をガッカリさせることになる。

「今日は最後まで付き合って欲しい」という気持ちはそれが直接的な言葉ではなくても、絶対にあなたが伝えなければならない。

女の子の気持ちはとても複雑だ。あなたが煮え切らず、いつまでも誘わないと、「私に魅力がないってこと」と思ってしまうし、逆に誘ったら誘ったで、「簡単に寝る女だと思わないで」とも言う。

そんな複雑な女心を掻い潜って、女の子を誘うには「口説かれても仕方がない」状況を作った上で、積極的に口説けば、スマートに誘うことができる。

女の子を最後まで誘う方法

つまり、女性を最後まで誘うには誘われても仕方がないシュチュエーションを作ってあげるのだ。

例えば、彼女があまりお酒が強くない場合、飲みやすいカクテルを作ってくれるバーに誘う。

「あまり強くないカクテルを作る素敵なバーがあるんだけど」などと誘えば、意外にあっさりとOKしてくれるだろう。仮にお酒に強い彼女であっても、酔いやすいお酒はあるものだ。そこをリサーチして、「たまにはどう?」と彼女が酔いやすいお酒が飲めるお店に誘ってみよう。

お酒を飲みに彼女を誘うのは、何もベロンベロンに酔わせて襲うためではない。

「あの時は酔っ払っていたから」

という口説かれた言い訳を作ってあげるのだ。そういった大義名分があれば、女の子は案外、口説かれる状況に自然にハマってくる。

もし、彼女が全くお酒が飲めない場合は、遅くまで話していて「終電がなくなった」、「雨が急に降ってきた」という理由でも構わない。とにかく誘いにのらざる得なかったという状況を作ってあげれば、意外とすんなりと乗ってくるだろう。