そ、そんなバカな・・・。ふざけた要求を無理くり通す方法


これだけは絶対にのんでもらわないと困るような時

人生に一度は理屈もへったくれもなく、ここは絶対に引くことができないというシュチュエーションがあるものだ。

それは自分の大切な人を守るためであったり、自分の中で譲ることができないことであったり、相手に事情を話すことができない時などだ。

そういった相手に論理的な説明ができない、もしくは相手には到底、理解してもらえないような要求をのませるにはどうしたら良いだろうか?

ある代議士の世渡り方法

暴力は強いし、大きな声も強い。

かつて「政界の暴れん坊」と恐れられたある代議士のやりかたは、人の弱みを握ることと、大きな声で恫喝することだった。

この代議士は、パーティーでスピーチをすれば、直前にスピーチした人の揚げ足を平気でとったり、かと思えば、最後に意味不明な自作の歌を歌って聴衆を煙にまく。

その才能と方法論だけで国会議員になったような人だった。

無理を承知で通すなら大声をだせ!

大きな声を出せば無理が通り、道理が引っ込むのは残念ながら、世の常、自明の理だ。

民主主義の象徴である政治の世界でさえ、こうなのだから、一般世間も大きい声一つで世渡りできる。

大きな声だけで??ともし、信じられないのなら、試しにやってみるといいだろう。

航空会社のカウンターやデパートでトラブルがあったとき、冷静に普通の声で論理をつくして自分の正当性を主張しても、なかなか聞き入れてもらえないだろう。

しかし、態度を豹変させ、大きい声を出すと、どうなるだろうか?

声を荒らげて怒鳴りまくったら、とたんに相手の態度が変わり、こちらの言うことを聞いてくれるようになる。これが人というものだ。

個人個人の人間も会社も同じだが、おとなしい人のことは平気で泣かせるが、頑として納得しない人に対しては苦情を聞き入れる。

要するに、文句は言ったもの勝ちという面が世の中にはある。

このように自分の主張を絶対に通したいと思ったら、大声で言うのは間違いなく一つの有効なやり方だ。

確かに善良な人には、心の葛藤から、実践しにくいかもしれない。

ただ、考えてみよう。背を腹に変えられないシュチュエーションや、やるかやられるかの状況下、そんな時はこういう手段を取るしかないだろう。