これって脈なしか?唇でわかる、あなたへの打ち解け度


コンパ、飲み会、お見合い、パーティー、出会いを求めた男女が初めて会う場は様々だ。

上司からの評価は微笑みでわかるでも紹介したように、私達は信用している人、好きな人には、「本物」の笑顔をし、知らない人、嫌いな人には「口」を引き締め、作り笑いをする。

当然、合コンなど初対面同士がコミュニケーションを取る時はお互いに「口」を引き締め、作り笑いをしながら、相手を警戒し、会話やボディーランゲージを通じて、この人がどんな人なのかを探っていく。

私達はストレスを感じると、口をしっかり結ぶ。このしぐさは大脳辺緑系によるとても原始的な遮断の反応だ。

この反応、つまり相手の唇がどれだけ見えているかを見ることで、相手があなたをどれだけ警戒しているのか、またはどれだけ心を許しているのかがわかる。

では、彼女・彼の唇が表すあなたへの警戒度、不快度が高い方から順に紹介しよう。

◆唇がすっかり見えなくなるほど、口を引き締めている
このしぐさは相手が明らかにストレスや不安を感じている時にでるしぐさだ。同じ趣味など共通の話題を探り、なんとか相手の不安を取り除こう。何をしてもこのサインが消えない場合は、脈なしだ。好きどころか相手はあなたのことが嫌いなのかもしれない。早々に諦めた方がよいだろう。

◆唇が引き締まっている
このしぐさは相手があなたを警戒し、ストレスや心配が心の中で生まれていることを表している。この表情をしている間はまだまだ、相手はあなたに打ち解けてはいない。あなたの印象を一瞬で良くする方法で紹介したように、何気なく、相手の腕に触れてみよう。

◆ふっくらとした唇がよく見える
満足している、またはストレスがない時にはこの表情になる。初対面の警戒心は解けていると見てよいだろう。相手のしぐさを上手く読み、それに答えていけば、結果はでる。

上記で説明した以外にも、唇をなめる、唇にさわる、爪を噛む、唇を吸う、ペンなどの先をしゃぶるといったしぐさは、いずれも不安を感じていて、ストレスを和らげようとするしぐさだ。

相手がこのようなしぐさをした場合は、話題を変えてみるなど、相手の不安を取り除くように努めた方がよい。