オンナが”その気”になる「やさしさ」、ならない「やさしさ」とは?


「いい人」という言葉にダマされるな

「◯◯君ってホントにいい人だよね」

こんな風に女性から言われたことはないだろうか?そう言われて、

「オレってやっぱり頼りがいのある男だよね。あいつ、絶対、オレに気があるよ」

なんて、調子に乗って告白したが、フラレたなんて経験はないだろうか?

はっきり言おう。「いい人」と言われた女と付き合うことは考えないほうが良い。ましては、告白するなんてもってのほか。なぜなら、「いい人」というのは、大抵の場合、その上に「どうでも」か「都合の」が隠されているからだ。

「いい人だよね」や「やさしいんだ」というセリフが出てくるということは、相手は「あなたを男として見ていない」ということを覚えていて欲しい。このセリフは極めて冷静で評論家的なセリフであり、いかにあなたのことを第三者として客観的に見ていることを示す。

女性は気がある男性に対して、「いい人」なんて表現は絶対にしない。そういう場合は、

「そんなに優しくしないでよ」といったような表現や「そんな風に言われたら、勘違いしちゃうよ」というような、もっと直接的に気持ちを表現したりと、彼女自身の感情がコメントの中にしっかり織り込まれているものだ。それに対して「◯◯君っていい人だよね」には、そういった感情が込められていない。

「いい人」「やさしい人」のように、ただ単純に感想を述べられているセリフを言われたら、相手はあなたのことを安全などうでもいい男としか見ていないので、これから先、男女の仲に発展する要素はないと即座に判断しても構わないだろう。

「いい人」にならないためには?

人は常に「こうあるべきだ」「するべきだ」「せねばならぬ」「こうならなければ」「こうなるはずだ」「するのが当然だ」「する必要がある」ということを心理的に思っている。そして、その期待が常に達成できていると、達成するのが当たり前というように感じる。そもそも、”あたりまえ”の発想なのだから、期待通りになってもあまりうれしくない、まるで当然かのように思え、そこに恋愛感情は一切ない。

何でもかんでも女の子の身の上相談に乗ったり、毎回毎回、メリハリもなく食事をおごったり、いつでもどこでも家まで送って行ったりするのは、ただ相手に当たり前の感覚を植え付けるだけで、あなたの期待するような結果と真逆の効果を生んでしまう。

そんな文字通り「都合の」いい人にならないようにするには、あなたのシビアな面をキチンと見せておく必要がある。そうすれば、「都合のいい男」に成り下がることもないし、ただ「使える人」を狙っている厚かましい女性をふるいにかけることもできる。

クールな一面があってこそ、優しさが一層、引き立ち、それが女性に響くのだ。