人から相談された時のベストな対応方法


「友人から相談されたんだけど、自分はうまく応えられたのか」と心の中でひっかることがある。余計なことを言ったかもしれないと心配なのだ。

もし、あなたが相手の相談に自分の意見をストレートにぶつけてしまったなら、その心配は的中してしまっているかもしれない。

人から相談を受けるということは、相手はあなたを信頼している証拠だ。当然、相手はあなたに好意を持っているだろう。しかし、ここで対応方法を誤れば、その信頼がパーになる恐れがある。

そもそも、相手とは違った生き方をしてきた自分が、相手の悩みを正確に捉え、的確なアドバイスをおくることなど、不可能だ。親身になって考えるのは良いが、自分の意見をアドバイスしようなんて考えは捨てたほうがよい。

それでは、どうすればよいのか?

自分に当てはめてよく考えて欲しい。人はなぜ、人に相談するのだろうか?

人に相談するとき、大抵はその人の中で、答えは出ている。しかし、妥当なものなのかどうかが不安なのだ。そこで、第三者に相談し、その妥当性を得たい。もしくは自分の答えを正当化したい。要するに背中を押して欲しいのだ。

なので、人から相談された時は、親身になって相手の悩みを聞いてやろう。大きく頷いて、肯定し続ければ、相手がその問題に対して、どう思っているのか、どうしたいのかがわかるだろう。間違っても相手の話に割り込んで、相手の考えを否定するような自分の意見を言ってはいけない。

相手が恋人と別れたいことを示唆していれば、「別れたほうがあなたのためになると思う」と答えてやろう。転職したいと思っているのなら、「今の仕事はあなたに合ってないような気がする」と答えてあげよう。

相手は自分と同じ意見をもらえたのだから、あなたの意見に満足し、感謝されるだろう。そしてこれを機に相手はますます、あなたを信頼するようになるだろう。