名刺交換したら即、名前を呼んだほうがいい理由


あなたは上司からなんて呼ばれているだろうか?あなたは部下をなんて呼んでいるだろうか?

何回も会っているのに相手を名前で呼ばない人がいる。

それとは逆に、初対面でも、さりげなく、相手を名前で呼ぶ人がいる。あんたは自分のことを名前で呼ばれるのと「君」と呼ばれるのでは、どちらが親近感がわくだろう?

初対面の相手に対して、即座に名前で呼ぶことは相手との距離を一気に縮める。呼ばれた側に「自分の存在が認められた」という心理が働くので、相手は好意を持ち、親近感がわくのだ。

ビジネスの場で名刺交換した後は、すぐに相手を名前で呼んでみよう。話題はなんでもいい、「田中さんはずっとこの部署のご担当なんですか?」など、「田中さん」と名前を呼ぶことで、人間関係を形成する上で、最も重要な第一印象を有利にすることができる。

また、相手を名前で呼ぶことは初対面のシーンだけでなく、日常的なシーンでも大変有効だ。常に人を名前で呼ぶ。これだけ、相手から好意をもたれる。

もし、あなたが部下を「君」なんて呼んでいるのなら、これからは名前で呼ぶことにした方がよい。それだけ、あなたに対する部下の態度が徐々に変わってゆくだろう。